鬼滅の考察 (広瀬)

  • 2020.07.08 Wednesday
  • 18:38

 

外出自粛生活で、映画だとかアメリカのドラマなんかをかなりエンジョイした広瀬ですが、もう一つありました。

 

『 鬼滅の刃 』

 

累計発行部数8000万部。

中高生を筆頭に子供から大人まですべての世代を魅了する、少年ジャンプ連載の超超人気マンガ。

ちょっとした社会現象になったとも言えるこの 『 鬼滅の刃 』 を、

 

やはり経験しておくべきなのではないかと。

そう思ってトライしてみました。

 

ところが近年、というかもうずっと

マンガを読むと、その度10分以内で眠くなってしまい、ぜんぜん読み終われないという謎の現象が私に起きていて

 

読書が趣味の一つの広瀬は、マンガ以外はちっとも眠くならないのに、マンガはなぜか眠くなる。

 

小学生の時はあんなに夢中になって読んだのに、いったいどうなってしまったのか。

 

でも大丈夫でした。  完読!

 

TVのアニメを起点に爆発的にヒットしたらしいので、アニメもちゃんと観ました。

 

面白かったです。

 

舞台は大正時代の日本。

鬼と人間の戦いが描かれているのですが、主人公は昔ながらのまさに日本男児という感じの正義感いっぱいの少年。

 

この純日本な世界観に中高生が夢中になるというのもなかなかスゴい。

 

えっ こういうのに夢中になるの?

今の中高生って捨てたもんじゃない、というかレベルたか! って思いました。

 

グロい描写も満載で、そういうのが苦手な広瀬は少し 「 ゲッ 」 となったものの、

 

それでも内容が優れているのでそっちは気にならなくなってきます。

 

作家さんはたぶん女性だとのこと。

 

そんなことも含めて、なかなかよかったです。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM