映画のはなし (広瀬)

  • 2020.02.14 Friday
  • 15:33

 

先週に続いて映画のお話。

 

最近では先週お話しした『 リチャード・ジュエル 』以外にも『 フォード対フェラーリ 』と『 ジョジョ・ラビット 』を観ましたが、

 

とても驚きました。

 

『 フォード対フェラーリ 』で主人公のドライバーを演じたクリスチャン・ベイル。

 

このクリスチャン・ベイルが凄い!

 

昨年2019年の『 バイス 』では、アメリカ副大統領ディック・チェイニーを演じて、アカデミー主演男優賞にノミネートされたクリスチャン・ベイル。

 

私も観て、このブログで感想を書かせて頂いていますが、

 

その『 バイス 』での あの恰幅の良いディック・チェイニーと、今回の『 フォード対フェラーリ 』での痩せたドライバーのケン・マイルズは、とても同一人物が演じているようには見えなかったです。

 

作品の役作りで短期間に痩せたり太ったりを繰り返すクリスチャン・ベイル。

 

彼は本当に凄い。プロなのです。

 

( 下の写真は『 バイス 』でのクリスチャン・ベイルと、『 フォード対フェラーリ 』のクリスチャン・ベイル[右の人]です。 )

 

そしてもう一本の『 ジョジョ・ラビット 』

 

『 ジョジョ・ラビット 』は、アカデミー脚色賞を受賞した映画で、助演女優賞にもスカーレット・ヨハンソンがノミネートされています。

 

この映画でサム・ロックウェルという俳優が重要な役所を演じているのですが、

 

このサム・ロックウェルも凄かった。

 

この人、先週このブログでお話しした『 リチャード・ジュエル 』の中ではクセの強い弁護士さんを演じていました。

 

そしてそして、この人も『 バイス 』に出ていた。

しかも、あのジョージ・W・ブッシュのそっくりさんで。

 

2017年の『 スリー・ビルボード 』では助演男優賞を受賞しています。

 

どの映画も観ましたが、とても同じ人が演じているように思えない。

 

プロフェッショナルなのです。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM