映画鑑賞 (広瀬)

  • 2020.02.07 Friday
  • 19:59

 

クリント・イーストウッド監督の映画「 リチャード・ジュエル 」を観ました。

 

このクリント・イーストウッド監督 89歳と、

あとウディ・アレン監督 84,

 

この二人の監督が、それぞれほぼ毎年 1本映画を撮ってくれていて、その作品を観るのがいつしか習慣になっています。

 

私の場合は映画を観るのに、どうしても話題作、そして口コミのいいのを選んでしまいます。

 

映画を観るのに要する時間の長さを考えると、

忙しい中、「 外してはいられない 」という心理が働くからです。

 

そしてそうなると、話題作=大作 という事が多いので、観る映画がどうしても大作に偏りがちになります。

 

でも、口コミの点数が低いのにいい映画というのは、それこそごまんとあるはずで、

私だってそういう映画を観たくない訳じゃない。

いや観たい。

 

そんな私の、( 口コミの点数の高くない良い映画を観る )というマイナーで贅沢な欲求を満たしてくれるのが、このお二人の映画なのです。

 

今回のクリントさんの『 リチャード・ジュエル 』は例外的に口コミの点数が高かったけど、普段はお二人ともそこまで点数は高くない。(万人受けを狙わない賛否別れる作品が多いという事ですね)

 

でも私は面白くないと思った事がなく、しっかり満足出来ていて、やはり理想的です。

 

さて、『 リチャード・ジュエル 』は、アトランタ五輪の爆破テロでの冤罪騒動を描いた映画。

 

あいかわらずの面白さでした(^_^)

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM